地下室・2×6・輸入住宅「フローレンスガーデン」をご紹介。フローレンスガーデンは住宅メーカーとして常に新しいの発想でワンランク上の「住みがい」を追求し続けています。


by tsujino777
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

「密集地」「狭小地」での快適空間のつくり方

万一の災害に備えて

 耐震性・防火性に配慮する

 地震に強い家をつくるには、まず土地の地盤を調べ、地盤に合わせた適切な対策を施したい。もし軟弱地盤であれば、基礎のフーチングの幅を広げたり、地盤改良して杭打ちをするなどの対策をとろう。各社さまざまな耐震策を施しているので十分確認し、耐震性能実績や住宅性能表示制度の耐震等級も聞いておくと安心だ。
 
 住宅が密集している都市では防火対策も重要。防火・準防火地域なら、建築の構造や仕様の規制があるのでそれに準じる。キッチンなど火を使う場所の内装には不燃・準不燃材料を使って火を出さない配慮を。旗ざおなど路地奥の敷地は隣家と話し合い、万一の際の避難経路を確保しておきたい。

                            -月刊ハウジングの記事より抜粋ー
[PR]
by tsujino777 | 2008-03-10 16:39 | 家づくり